スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分析は難しい

002_atama.jpg 分析という行為は非常に難しい。

 失敗を犯したとき、ほとんどの人は何が悪かったのかと反省や分析をします。 単純ミスなら兎も角、そうでない場合、的確に失敗の分析することは意外に難しいのです。

 誰もが、ああでもない、こうでもないと原因を探します。 そして、無理矢理原因を見つけようとします。 「ああ、そうか! あれがいけなかったんだ」 この発見が正しいのならバンバンザイですが、間違いだとすると困ったことになります。 同じ失敗を繰り返すか、別の大失敗につながるか。 そもそも失敗の分析など容易に発見できません。 レベルが低いなら兎も角、レベルが高くなるにしたがって難しくなります。 ですから、原因が容易く見つかったときは、分析を疑う必要があるでしょう。
 

 常に反省している人もダメ

 反省をまったくしない人に進歩がないのは言うまでもありませんが、年がら年中反省しているのもダメ。 反省すれば良いというものでもない。 反省しすぎると正のエネルギーを抑えてしまうことになる。 ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいるよなもの。よく言われる”開き直り”なども大事なのです。 時と場合では、「運が悪かった」と、運のせいにすることも必要でしょう。 完璧主義は上手くいかないことが多いのです。


005_shippai.jpg 成功したときこそ分析を

 失敗したときよりも成功したときの分析を行うようにすると飛躍的に進歩するでしょう。 何が良くて成功したのか・・・。 これも失敗のときと同様に難しいことに変わりありませんが、的確に分析できればスランプに陥ったときに役立ちます。 成功の理由は自分の力ではなく、ただ単に”運”が良かっただけかもしれませんし。

関連記事
プロフィール

チャーリー

チャーリー
本職はSEなのだがまったく仕事がなく、仕方がないのでガードマンをしたが年収200万に届かず2010年8月より株のデイトレ開始。ひと月に100万を稼ぐカリスマ投資家を目指す。趣味は囲碁、ギター。座右の銘は『継続は力なり』

投資歴27年、過去14年のパフォーマンスは以下の通り。年収益率は5.4%。



kf2011.png

MENU
広告

星が見える名言集100
株式相場格言
僕のブログ集
全記事一覧
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
   TI

この人とブロともになる

ブログ内検索
追加してね
RSSリンクの表示
素材協力
リンク
Twitter
広告
僕たちに出来ること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。