スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融機関は被害者ではないのか!

 とどまるところを知らない欠陥マンション問題。 ほとんど話題に上っていませんが、ローンを貸し付けた金融機関について考えて見ます。
 土地と建物を担保にローンを貸し付けた金融機関も被害者なのではないでしょうか。 詐欺同然で建てられたマンション。 鉄骨の量など銀行が見抜けるわけも無い。 つまり、不良マンションに抵当権をつけた銀行も騙されたわけ。
 よって、今回の被害者は住民と銀行になります。 もしもヒューザーが破綻する羽目になりローンが残ってしまった場合、被害者である住民と銀行が折半すればいいのではないでしょうか。 なにも住民だけが被害を全面的に背負うことは無い。

 先ほど発表された三菱UFJFGの中間最終利益は7117億円、みずほと三井住友もそれぞれ前年同期比44.7%増の3385億円、同7.3倍の3923億円。 結構なことですがいったい誰のおかげでここまでこれたのでしょうか。 何兆にも上る公的資金、ゼロ金利政策があった上ででしょう。

 99年ごろ長谷工、熊谷組、間組、トーメン、藤和不動産など脳死状態だったものが助かったのは誰のおかげでしょう。 それぞれ何千億円もの債権放棄がされたからではないのでしょうか。

 バブルで踊った大手銀行、大手建設会社、大手不動産会社にいったい何兆の支援を国はしたのでしょう。 公的資金は勿論国民の税金。 つまり、我々一人一人が助け舟を出したようなものです。 大手は助けて中小や個人には知らんぷりと、そんな冷たい行政がいつまで続くのでしょう。 しかも、大手銀行等は原因が彼ら自身にあったのに対し、今回被害に遭われている住民にはなんの落ち度もない。 命を助けてもらった大手銀行や大手建設会社、今度は彼らが助けるべき。 大手銀行の中間利益だけでもおつりがくるでしょう。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

常識と非常識?

記事 読ませていただきました。

comment

Secret

プロフィール

チャーリー

チャーリー
本職はSEなのだがまったく仕事がなく、仕方がないのでガードマンをしたが年収200万に届かず2010年8月より株のデイトレ開始。ひと月に100万を稼ぐカリスマ投資家を目指す。趣味は囲碁、ギター。座右の銘は『継続は力なり』

投資歴27年、過去14年のパフォーマンスは以下の通り。年収益率は5.4%。



kf2011.png

MENU
広告

星が見える名言集100
株式相場格言
僕のブログ集
全記事一覧
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
   TI

この人とブロともになる

ブログ内検索
追加してね
RSSリンクの表示
素材協力
リンク
Twitter
広告
僕たちに出来ること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。