スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の株式展望(8/29~)

先週の動き


NYダウは幾分戻す
米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が26日午前の講演で、量的緩和策の第三弾(QE3)など具体的な追加緩和策に踏み込まなかったが、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)を2日間に延長する方針も示され、追加緩和策への期待感から買い戻しされ、NYダウ11000ドル台に戻した。


日本株は小動き
グリーやDeNAは、一時は落ち込んだがその後回復し、しぶといところを見せた。 個別材料株は急落後の自立反発の域を出ておらず、底をつけた感がない。





今週の展望


まずはNYダウの長期チャートを見てみよう。

nydow1.png


まあ、これを見る限り、上昇トレンドが終わったとは言えない。
チャートでは微妙な所、明暗の分かれ目にいるといったところだ。

QE3を期待するのはかなりの無理があるが、追加緩和策には期待が持てそうだ。
しかし、それが実現されれば、株は落ち着いてもさらなる円高となることが予想され、
日本にとってはきびしいことになる。

QE3も追加緩和策もなければNYダウは下げていくだろうから、
日本にとってはどっちにしても厳しいことになりそうだ。



一方、日経225のチャートを見てみるか。

n225.png


なんと悲しいチャートだろう。

何度も何度も言うように、下落相場では積極的に買うのはタブー

だから、キャッシュポジションを高めにしておくのが常套手段となる。


しかしながら、好業績の株はどうすべきか?
新規に買うのは兎も角、保有している場合はどうするか?
売るのか、それとも辛抱か?

一つ言えるのは、上昇トレンドが崩れたら売ったほうがよい、ということ。

上昇トレンド中で、
売り上げと営業利益が伸びているなら、辛抱してもいいのではないだろうか。


関連記事

comment

Secret

プロフィール

チャーリー

チャーリー
本職はSEなのだがまったく仕事がなく、仕方がないのでガードマンをしたが年収200万に届かず2010年8月より株のデイトレ開始。ひと月に100万を稼ぐカリスマ投資家を目指す。趣味は囲碁、ギター。座右の銘は『継続は力なり』

投資歴27年、過去14年のパフォーマンスは以下の通り。年収益率は5.4%。



kf2011.png

MENU
広告

星が見える名言集100
株式相場格言
僕のブログ集
全記事一覧
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
   TI

この人とブロともになる

ブログ内検索
追加してね
RSSリンクの表示
素材協力
リンク
Twitter
広告
僕たちに出来ること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。