スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の株式展望(6/13~)


先週までの動き


任天堂が安値を更新
アメリカのE3でWii Uを発表したが、
期待はずれなのか、それを機に安値を更新。

DeNAが独禁法に触れる
9日、公正取引委員会は、「Mobage」を運営するDeNAに対し、独占禁止法違反(不公正な取引方法)で排除措置命令を出した。同委員会によると、DeNAはソーシャルゲームでシェア争いを繰り広げている「GREE」にゲームを提供しないよう、ゲーム開発会社に圧力をかけていたという。


週はじめからDeNAは調子よく上げていたが、このことで腰を折られた。
木、金と続落。


週末、またしてもNYダウが急落
金曜日10日は172ドル安

ダウ平均は4月29日に付けた年初来高値からの下げ幅が858ドル(6.7%)に達する。中国の5月の貿易黒字額が市場予想を下回り、世界景気の拡大ペースが鈍るとの懸念が台頭。欧州の財政問題の再燃に、雇用情勢など米景気の先行き不安が加わり、積極的な買い手が見当たらなくなっている。【日本経済新聞】


為替は80円を一時突破
8日の東京外国為替市場は、米国経済の減速懸念などから円買い・ドル売りが膨らみ、円相場は一時、1ドル=79円75銭まで上昇した。80円を突破したのは、東京市場としては3月18日以来、約2か月半ぶりだ。米国経済の先行き不透明感を背景にした「ドル売り」の側面が強く、介入への警戒感が市場で薄いことも80円突破につながった。【YOMIURI online】





今週の展望


金曜日のNYダウの大幅下げを受けて東京も大きく下げるだろう。
月曜日は200円前後まで下げるだろう。

問題はその後だが、あまり楽観できる材料が無い。
NYも東京も暴落は考えにくいが、
ダラダラと下げていく可能性が高い。

日経225は、9000円を下値とする動きになると誰もが考えるし、
また、その通りになってしまうだろう。

さすがに9000円を下押すことは考えにくく、
9000円~9500円のボックス相場が予想される。
だらだらと面白くもなんとも無い相場が続くだろう。

こういうときに稼ぐのは至難の業だ。
ほとんどの銘柄が停滞する。
暴落がなければ、空売りで儲けることも難しい。

今までのように個別材料株が暴れてくれるだろうか。
それにも限界がある。
無尽蔵に材料株があるわけではない。
昨年12月から材料株は活況を呈した。
中には3倍も4倍も上昇した株もいくつかある。
それが半年も経ったのだから、そろそろ息が切れがてもいいころだ。

主力組はまったく当てにならない。
ソニー、任天堂は安値を更新しているし。
頼みの綱のソフトバンクも一人で相場を引っ張れるわけが無い。
DeNAやグリーも独歩高になれる環境も力もないだろう。


戦略としては、今までどおり
好業績銘柄の下を拾う、
ソフトバンクの下を拾う、
DeNAの下を拾う、
でいいと思うが、
キャッシュポジションを高めにして、
基本は休むことを考えたほうが良いだろう。


関連記事

comment

Secret

プロフィール

チャーリー

チャーリー
本職はSEなのだがまったく仕事がなく、仕方がないのでガードマンをしたが年収200万に届かず2010年8月より株のデイトレ開始。ひと月に100万を稼ぐカリスマ投資家を目指す。趣味は囲碁、ギター。座右の銘は『継続は力なり』

投資歴27年、過去14年のパフォーマンスは以下の通り。年収益率は5.4%。



kf2011.png

MENU
広告

星が見える名言集100
株式相場格言
僕のブログ集
全記事一覧
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム
   TI

この人とブロともになる

ブログ内検索
追加してね
RSSリンクの表示
素材協力
リンク
Twitter
広告
僕たちに出来ること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。